1. HOME
  2. ブログ
  3. 外国人材に活躍してもらうためのtips
  4. わかりやすい日本語で話せていますか?

BLOG

ブログ

外国人材に活躍してもらうためのtips

わかりやすい日本語で話せていますか?

「日本語が通じない」
これは、外国人材が配属されたばかりの会社からよく聞く言葉です。
弊社で斡旋する外国人は200時間以上、介護ですと600時間以上勉強してから入国します。文法だけではなく会話や、実技演習を兼ねた日本語でのやり取りも含みます。
出国する前には、日本語の会話テストも行い、合格しなければフライトできません。

それではなぜ、このような問題が発生するのでしょうか。

「日本語が通じない」原因は日本人にもある?!

もちろん、いくら600時間勉強したとはいえ、母国語ではありませんから、完璧に話すことはできませんし、日本で「生の日本語」は、勉強したものとは違いますので、外国人の力不足、慣れていないことなども原因にあります。

これは正直、勉強を継続してもらい、慣れてもらうしかありません。


それでは他に理由はないのでしょうか。

それは、日本人の話し方にあります。

「ほんま日本語通じんくて困ってるんや〜」

と言われることがあります。

「外国人にもそのように話されていますか?」

「せやで。もっとゆっくり話してるで」

と。

お気づきかもしれませんが、これでは外国人には通じません。
外国人が習う日本語は「標準語」であり、方言は勉強していません。

私も留学先のオーストラリアでこんな経験があります。

ホームステイ先の父:「マインストリートを進んで」

私:「マイン?あなたの道?」

そう、これはオーストラリアの訛りで、『a』を『アイ』と言いがちで、
「メイン」ストリートのことだったのです。
他にも「averrable(アベーラブル)」は「アバイラブル」だったり、習った英語と違いすぎて全然聞き取れませんでした。

ほんのちょっとイントネーションが違うだけでも、日本語を勉強したての彼らには難しいのです。

また、同様に難しい日本語を使いすぎていることもあります。

例えば「Keeper」
これは英語で「いい男(女)」という意味です。(恋愛対象の人のことを表します)

「good」「nice」「cool」だったらわかりますが、いきなり
He is a keeper
と言われても「???」となりますよね。

日本語も同じです。

「すごい!」であれば伝わりますが、
「最高‼」「驚異的!(言いませんね笑)」「お見事!」などは伝わりません。

小学生に話す言葉、をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

外国人が難しいと思う日本語会話ランキング

「外国人が難しいと思う日本語会話ランキング」というデータがあります。

1位:敬語の使い分け
2位:文法(二重否定、主語がない、代名詞)
3位:擬音語、擬態語
4位:曖昧な表現(結構です、ご遠慮ください、できなくもない)
5位:流行語、造語、漢語

ここまでで、なんとなく外国人に伝わらない日本語がイメージできましたでしょうか。

次は、わかりやすい日本語にするためには、何に気をつければいいかを説明します。

わかりやすい日本語のコツ

標準語

これは言わずもがなですね。
外国人には標準語で話すようにしましょう。

とはいえ、介護施設などでは、利用者さまが方言を使われることもあります。

徐々に方言を交えていくと、外国人も方言を話すようになります。
(大阪弁を話す外国人を見かけますよね。)

早稲田式ハサミの法則

一番簡単に気をつけられることです。
文章を長くすると伝わりづらいので、
分けて、整理して、大胆に、はっきり、最後まで、短く言います。

例えば、「大阪に行くなら、新幹線と長距離バスと在来線があるけど、新幹線は高いから、夜行バスがおすすめ、でも在来線も景色が面白いよ。」
情報がごちゃごちゃ多くて、まず伝わらないでしょう。

「新幹線とバスと普通の電車があります。新幹線は値段が高いです。バスは安いです。普通の電車は、景色が良いです。」

文章を切るだけで、伝わるようになるでしょう。
1文中に情報は1つにすると覚えておくと便利です。

結論を先にもってくる

日本人はまわりくどい表現を好む傾向にあります。

伝えたいことを前に持ってくることが外国人にとって優しさです。

「もし、この荷物をここでおろしたら、誰かが足をひっかけて転んだら危ないからだめだよ」
「ここに荷物をいてはだめです。歩く人がぶつかって危ないです。」

など、一番伝えたいことを最初に持ってきましょう。

主語と述語を明確にする

日本人はよく主語を飛ばします。
翻訳機を使ってみるとわかりますが、主語を書かないとうまく翻訳されません。
これは、外国人にとっても、主語がないと混乱知てしまう要因なので、
主語と述語を意識しましょう。

オトマトペや難しい言葉を易しい言葉に置き換える

例えば、「相談窓口」は「相談するところ」であれば通じます。
こんな少しの工夫でいいのです。

また、オトマトペも伝わりません。
「頭がガンガンする」「お腹がキリキリする」
外国人はおトマトペがわかりませんので、「頭が痛い」「お腹が痛い」と伝えなければわかりません。

最後に

日本語は、外国人にとって難しい言語ランキング世界4位です。
外国人の日本語能力向上のためにも、最初は、やさしい日本語を意識的に使って頂きたいと思います。

また入国前に勉強する日本語は検定用、つまり読む、聞くに特化していることが多いです。
日本語になれるためには「書く」「話す」つまりアウトプットが重要になります。

「言葉が通じない」と諦めず、積極的にコミュニケーションを取ることで、加速度的に日本語が上達します。

これは仕事に限ったことではありません。

入社した外国人に人として興味を持つことがとても大事です。この仕事とは関係なさそうな部分が、信頼関係を築くにも、日本語能力を向上させるにも非常に重要な部分だと思います。

日本人は傾聴スキルを使って、外国人の話に本当に心から興味を持って聞いいてください。
そうすると、外国人も話したくなるし、相手に興味を持ってチームとして働こうとします。
私達が思っている以上に外国人(フィリピン人も)恥ずかしがり屋であることがあります。
言葉の壁がある中で、自分をアピールすることはとても難しいです。
その壁を乗り越えてもらうためにも、「あなたに興味がある」という姿勢を見せることが重要です。
※特に介護の場合は利用者さんと会話をするのに大事な能力です。

プレゼント

やさしい日本語の手引きをプレゼントします。
(サンプル)以下の言葉の「やさしい日本語」は何か?
出身⇛( ) 正解:国
和室⇛( )
いらっしゃる⇛( )
ウオーキング⇛( )
ダイエット⇛( )
優先席⇛( )
粗大ゴミは、来週の月曜日です。⇛( )
公共交通機関でお越しください。⇛( )

ご興味のある方は、弊社までお問い合わせください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Facebook

Comments Box SVG iconsUsed for the like, share, comment, and reaction icons

Photos from ARCH plus 's post ... See MoreSee Less

12 months ago
Image attachmentImage attachment

入国🇵🇭✈️🇯🇵

自動車整備の彼らが入国です!
私も一緒に日本に行きまーす🇯🇵

日本に行く緊張と興奮で、テンション高めですw
そしてみんなとても仲良しです😊

入国する彼らと同じフライトに乗れるのは滅多に経験出来ないので、とても楽しいです♬.*゚

行ってきまーす👋

#登録 #外国 #arch plus #TITP #ssw #WorkInJapan
... See MoreSee Less

12 months ago
入国🇵🇭✈️🇯🇵

自動車整備の彼らが入国です!
私も一緒に日本に行きまーす🇯🇵

日本に行く緊張と興奮で、テンション高めですw
そしてみんなとても仲良しです😊

入国する彼らと同じフライトに乗れるのは滅多に経験出来ないので、とても楽しいです♬.*゚

行ってきまーす👋

#外国人雇用 #外国人採用 #技能実習 #技能実習生 #特定技能 #監理団体 #登録支援機関 #支援機関 #フィリピン #フィリピン人採用 #組合 #外国人労働者 #ARCH plus #介護 #自動車整備 #titp #ssw #workinjapanImage attachmentImage attachment

Comment on Facebook

Wow kuya nonong congrats 🎉 🎉

Nihon e ようこそ minasan

Tadaima minasan😁🇯🇵

Load more

インスタグラム
お問い合わせ
お問い合わせ